高校生の方・ご家族の方へ

高校3年生になると、将来の通勤通学や就職のために「免許をとっておきたい」と考える時期だと思います。
「どんなタイミングで通おうかな」 「免許を取るのって大変なのかな?」
学生や保護者の皆さんの気になるポイントを解説いたします。

point1

18歳の誕生日の2ヶ月前から入校できます!

高校3年生だと、夏から冬の入校がオススメです。
教習所は18歳の誕生日の約2ヶ月前から入校できます
進路が決まりつつある9~11月の段階で、高校生の皆様とご家族様には、早めの入校相談とお申し込みをオススメします。
(18歳の誕生日までは場内の運転や学科の試験を受けることはできません。)

入校をお考えの方は、「本籍地入りの住民票(本人のみのタイプ)」をご用意下さい。

毎週木曜日夕方・土曜日午後に入校式を実施します。入校希望日の2日前までに、住民票の確認、視力測定や写真撮影を行う必要がありますので、できるだけ早めのご来校をお待ちしております。

入校する前に確認したい5つのポイント

point2

お早めに窓口までご相談を!

学校のある平日は、多くの学生の方が授業が終わった4時~8時の時間帯に通学されています。早めに入校されると、時間に比較的余裕のある土日や夏休み、冬休みに通学することもできますよ。

3月までに免許の取得をお考えなら、全国の教習所が激混みする2月までに仮免許をGetするのがポイントです!

point3

夜や冬でも安心。無料送迎バス

当校で人気なのが無料送迎バスです。ご自宅や学校、バイト先のお近くまでお迎えにいきます。スクールバスなら寒い時期の通学も安心です。

当校では前日夕方16時までに予約していただければOKです!

無料送迎バスについてはこちら!

point4

AT免許コースが入校の7割!

AT免許かMT免許か。迷われている方もいらっしゃると思います。

近年、男女関わらず入校者の7割がATコースを選択されます
日本のクルマの97%がAT車であることに加え、比較的スムーズに教習が進捗しやすい、料金も安いという利点もありますよ。

point5

仕事でトラックを運転するなら、AT免許か準中型免許がオススメ!

将来、警察や建設、物流会社などマニュアル車を運転する会社に就職される方は、MTコースを選択されることをオススメします。

最近では、高校・大学の時にAT限定免許で取得して運転に慣れてから、必要になった時に「AT限定解除」(最短4時限)でMT免許に切り替える方が主流になっています。

ご注意いただきたいのは、現在の普通免許は「最大積載量2t未満」なので「2tトラック」が運転できないという点です。2017年3月に法改正がありました。

近いうちに「2tトラック」の運転が必要な方は、準中型四輪コースをお選び下さい。18歳の時点で最初から「準中型免許」を取得する方法、あるいは先に普通免許を取ってから、必要に応じてステップアップする方法がありますよ。

準中型免許についてはこちら!

point6

1月や春休み以降の入学をお考えの方へ

誕生日が早生まれの方(特に2月・3月生まれ)、あるいは学校の関係で1月以降しか教習所に入校できない方もいらっしゃると思います。

1春休み・土日・夏休みを使って教習!
教習期間は9ヶ月間あります。2月1日入校なら、10月31日までに教習を終えればOKです。
春休みの間にできるだけ教習を進めておいて、4月以降は大学や専門学校に通いながら、土日やゴールデンウイーク、夏休みに教習される方が多いです。
2大学2回生までに70%の方が免許を取ります!
車を運転できるようになると、生活範囲が広くなりますし、3回生からスタートする就職活動でも運転免許は重要視されます。通学しながら通う人も多いですが、夏休みに集中して通う選択肢もありますよ。 京阪神大学生協割引プランのご紹介
3スケジュールコースを利用しよう!
春から就職、あるいは他の地区で下宿される方には、計画的に通学カリキュラムを組む「スケジュールコース」もご用意しています(先着順)。
授業などのご予定をお聞きしながら、1ヶ月半~2ヶ月程度で卒業できるように準備しています。 選べる教習コースのご紹介

料金や詳しいことは、彦根自動車学校の窓口まで!

お電話でのお問い合せ

0120-20-4654

TEL / 0749-22-4654

webからのお問い合せ

お問い合せ・資料請求